Planning

planning

東京

2011年入社 駒沢大卒 係長

ライフライン関連の商材を扱う会社として信頼があり、なくてはならない会社です。

CHAPTER01

入社の決め手は?

メーカーであること、ライフライン関連の商品を扱っていることです。
就職活動中は営業職を希望していましたが、「新進気鋭の」や「新たな風を」といった謳い文句の企業は響きませんでした。
そんな折に出会ったのが「質実剛健」なオーラを放つカクダイという会社でした。
選考が進むにつれ、会社としての堅実さを更に感じ取ることができ、この会社で太く、強く働きたいと思い入社しました。

CHAPTER02

カクダイってどんな会社?

お客様によく言われるのが「カクダイならこんな商品あるかな~と思って」という言葉です。
優れたデザインや話題性のある商品から、こんなものが需要あるのかなというニッチなものまで取り扱っているため、水回りの色々に困っているお客様がまず電話してきてくれます。
ライフライン関連の商材を扱う会社として信頼があり、なくてはならない会社だと思います。

CHAPTER03

やりがいを感じる仕事は?

ホームセンターでは買う立場でしかなかった自分が、実際にお店の売り場を作り上げる側に回りました。
基本はホームセンターのバイヤーと交渉を重ね、カクダイの製品を売り込みます。しかし、それだけに留まらず、どのように商品を見せればいいか、どのような売場にすれば一般の消費者に買ってもらえるかということまで考えて提案します。
その提案が通り、多くの店舗に自分が考えたカクダイ製品の売場が出来上がっているのを見ると達成感でいっぱいになります。

CHAPTER04

入社後一番大変だったことは?

何はともあれ水回りに関するあらゆる知識を身に着けることです。
カクダイが取り扱う商品数は1万にも及びます。
お客様からその中の商品についてあらゆる質問をされるので、水道からは水が出るという程度の知識しかなかった私にとっては最初はただただ混乱していました。
呼び径ってなんですか?泡沫パイプとは??周りの先輩方に教えてもらいながらなんとか回答していく毎日でした。
そのときよりは成長したとは思いますが、まだまだ勉強中です。

TOP
TOP