会社概要

株式会社カクダイ


当社は、水道用品・水栓金具の専門メーカーとして“水と住まいの接点”にある製品を追求し、「人と水との共生」をサポートしています。人々が、気持ち良く暮らしたいという欲求に終わりはありません。「水と住まいの接点にある製品を追求し、生活の質の向上に貢献する。」というモットーのもと、当社は、お客様により喜んで頂ける製品の提供を目指し、たゆまぬ努力を続けています。

生活に密着したアイテム


水栓器具の専門メーカーとして、常に人々の生活に根ざした製品を提供し続け、現在の取扱いアイテムは多岐に渡ります。キッチン・バスルーム・洗面所・トイレ・庭など、みなさんが普段生活する中で水を使うシーンの全てが当社のフィールドです。

洗面スペース・サニタリー空間

プロ向けの水栓・配管器具から、日々使われ生活用品と呼べるアイテムまで、水廻りに設置されるあらゆる器具を幅広く品揃えています。

庭園・緑化器具

生活に潤いを与えてくれる、“花と緑”。それらを優しく守る、「散水ノズル」や見た目に楽しい「噴水」、業界初の水力発電機能つき自動水やりユニットなど、カクダイは緑化器具においても水に拘っています。

販売ネットワーク


当社の製品がエンドユーザーに届くまでには、様々なルートがあります。
ひとつはホームセンターやGMSなどの小売店です。商品ごとの商談はもちろん、水道売場コーナーの商品陳列や、ディスプレイの使い方、販促方法までをトータルに提案していきます。
ひとつは住宅を建てる住宅メーカーや注文住宅を建てる工務店、それにマンションデベロッパーやサブコンです。インテリアコーディネーターの方やデザイナーの方に提案することもあります。
最後に住宅設備や住宅建材、配管資材などを取り扱う商社です。水道工事店やリフォーム業者が対象になるので施工性や利便性、コストなど幅広い視点からの提案を行なっています。

会社データ


設立           1954年1月 (創業 明治12年)
資本金        9,850万円
代表者        社長執行役員 永島 康博
本社所在地 〒550-0012 大阪市西区立売堀1丁目4番4号
TEL     06-6538-1122
従業員   432名(2022年4月1日現在)
売上高        277億円 ※2021年12月期実績

沿革

寛政年間
大和屋新兵衛が呉服商を創業。
以後、七代呉服商を営む。(現在呉服商は廃業)
多田呉服店は、脇町うだつの町並みとして「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されています。
株式会社カクダイは、創業者多田卯平の生家である呉服商の屋号「大和屋」のに由来しています。

1879年(明治12年)
★株式会社カクダイ創業
・創業者 多田卯平、多田卯金物店を創業。
1903年(明治36年)
・カクダイ印利器工匠具(大工道具)を扱う。
 
1948年(昭和23年)
・多田金物店に改称。
水道用具の販売を開始する
1954年(昭和29年)
★株式会社カクダイ設立
・株式会社多田商店に改組。因マークの水栓金具の製造を開始し、カクダイブランドを創設する。

1970年~1989年
・株式会社カクダイ製作所に社名変更(1970年)
・総合カタログの発刊を開始し、カタログ商法を確立する。(1970年)
・売上10億円到達(1971年)

1990年~2009年
・株式会社カクダイに社名変更(1990年)
・売上100億円到達(1992年)
・売上150億円到達(1996年)
・基幹システム「KRISTA(クリスタ)」開発(1999年)
…品名、品番、得意先情報などをデーターベース化し、全国事業所在庫の一元管理が可能となる。
・約25事業所を新規開設し、販売エリアを拡大する。(2000年~)

2010年~
・売上200億円到達(2011年)
・五條配送センター設立(2013年)…全国の物流機能が大幅に強化される。
・売上250億円到達(2017年)
・株式会社カクダイ岐阜工場 新工場設立(2020年)…グループ間の生産機能が強化される。

商品

当社が取り扱う水道用品には様々なものがあります。
蛇口だけではなく、蛇口から出る水を受ける器、配管部品、家庭用品なども水道用品です。
蛇口は一風変わったものから、デザイン・機能を追求したものまで、幅広く取り扱っております。
配管部品はカクダイで主軸の商品です。一般家庭で使われている小さな部材から工場設備でみられる大きな配管まで、多種多様のものがあります。目にすることはほとんどないと思いますが、地面や壁の中の隠れたところにもカクダイの商品は潜んでいます。
また、お風呂で使うシャワーやキッチンで使う小物など皆さんが日頃から使用している家庭用品も取り扱っています。ホームセンターなどの量販店に置いてありますので、一度カクダイの商品を探してみてください。

持続可能でよりよい世界を目指して

新型コロナウイルスの影響から公共施設・飲食店などでの感染症対策への意識がより高まりました。感染症を防ぐためには、手洗い・うがいが重要です。当社では手洗い・うがいをより安全かつ衛生的に行える「ディスタンス水栓」の製造・販売にも力を入れています。
また、指先を心地良い温度で清めてくれる小型電気温水器「篝(かがり)」の製造・販売にも力を入れています。篝はお湯が必要な時に、必要な最小限の量だけを冷たくない程度に温めるものなので、タンクに貯湯する方法と比べて省エネで、環境に配慮されています。
さらに、当社で製造している蛇口や配管の材質は主に銅合金です。銅合金はリサイクル性が高く、原料は全て廃材を溶解炉で溶かして成分を再調整して作られています。ほぼ100%リサイクルなので、SDGsの観点からも理想的と言えます。

「ディスタンス水栓」や「篝」についての詳細はこちら▽
ディスタンス水栓

TV

2021.2.12
「キャスト」にて紹介されました。

「越前屋変人類研究所」コーナーに副社長多田修三が出演。
DaReya水栓・衛生水栓の話、普段は滅多に見られない副社長の自室も特別に公開。
越前屋俵太さんとのテンポの良い掛け合いにも注目です。


2021.10.8
「きん5時」にて紹介されました。

「キンゴジン」のコーナーに副社長多田修三が出演。
DaReya水栓開発のきっかけを始め、開発を通して得た技術力や今力を入れている衛生水栓についてインタビューに答えました。
公式HPはこちら


2021.8.21
「知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~」にて紹介されました。

副社長多田修三へのインタビューやカクダイ岐阜工場での貴重な商品製造風景、ユーザーへのインタビューなど、カクダイのことを深く知ることができる内容となっています。
バックナンバーはこちら


2021.7.22
「アウト×デラックス」にて紹介されました。

「誰が買うのか?ニッチ過ぎるアウト商品」としてDaReya水栓を取り上げていただきました。
ほとんど売れないDaReya水栓に「誰が買うんだろう…」と広報担当の本音が漏れる場面も…。
公式HPはこちら


2021.6.3
「2時45分からはスローでイージーなルーティーンで」にて紹介されました。

「スロー&イージーHOWジング」コーナーでDaReya水栓、ディスタンス水栓について、実際に商品に触れていただきながらその魅力を伝えていただきました。
公式HPはこちら

WEB

2022.1.3
『Lmaga.jp』にて取り上げていただきました。
DaReya水栓(おもしろ蛇口)について紹介されています。
記事はこちら▽
「オシャレよりもおもしろ路線へ…二度見必至の蛇口は大阪生まれ」


2021.12.24
『日経クロストレンド』にて取り上げていただきました。
弊社副社長多田修三へのインタビューが掲載されています。
記事はこちら▽
「面白水道用品メーカー、カクダイは「下半身」が強い」


2021.2.25
ライブウェル㈱ブログ『ヨクナル』にて取り上げていただきました。
DaReya水栓(おもしろ蛇口)やカタログ、衛生水栓について紹介されています。
記事はこちら▽
「なにこれ珍水栓。おもしろ水栓に秘めたカクダイのホンネを聞きました!!」

雑誌

2021.9
『キッズペディア まちのナニコレ?図鑑』に商品が掲載されました。
蛇口が6点紹介されています。
掲載ページはこちら


2021.7.28
『Mart 9月号』に商品が掲載されました。
特集ページ『ご褒美TIMES』に浄水シャワーヘッド「ピュアラ」が紹介されています。
掲載内容はこちら


2020.5.9
『Casa BRUTUS No.243』に商品が掲載されました。
DaReya水栓が紹介されています。
掲載内容はこちら

TOP
TOP