Planning

planning

東京

2003年入社 支店長

仕事の枠を越えた人脈づくりが
できるのもやりがいの一つです。

CHAPTER01

入社の決め手は?

身近にあるもので人の役に立つ製品を提供しているメーカーで働きたいという希望をもって就職活動していました。
数ある企業の中でカクダイを選んだ理由は、人の生活に欠かすことのできない【水】に関わる製品を製造販売しているカクダイが、私の考えていた価値観に合致していると考えたからです。
表立って主役になれる製品ばかりではないですが、仕事をすることがどこかで人々の生活の利便性の向上に繋がっていると今では自信を持って言う事ができます。

CHAPTER02

カクダイってどんな会社?

独特なデザインの水栓金具はメディアなどを通じて今や(多少?)有名な話になりましたが、水栓金具以外の分野の製品についても独創的な発想をもって製品造りを行っており、これを独創的な発想を持った営業マンが全国を駆け回って販売しています。
また、ノベルティにも独創的な物を多数取り揃え、中にはお客様自身がそのノベルティの意味を解読するのに時間を要する物もあります。しかしながら、その意味を考える時間さえも楽しんでおられるお客様も多数おられます。
毎年当社の面白いカタログやノベルティ、製品を楽しみにされているお客様も多くおられ、期待の大きさが年々大きくなっていることをヒシヒシと感じます。
業界における異端児、話題性あり、色んな意味でプレッシャーを感じることができる会社です。

CHAPTER03

やりがいを感じる仕事は?

担当を持たせて頂いた得意先に足繁く通い、会話や受けた依頼に対応することを通じて徐々に信頼関係が発展し、時には仕事以外の会話もできるようになり、結果として「あなたがいてくれて助かった。ありがとう!」など、感謝の言葉を頂くことが何よりのやりがいです。
また、営業職は多様な年代の方や職種の方とお会いでき、日々日常では出会えない方々と仕事に関する事、今後の展望、仕事以外のプライベートの事など、自分が持ちあわせていない知識や考えを学ぶことができます。
仕事の枠を越えた人脈づくりができるのもやりがいの一つです。

CHAPTER04

失敗談は?

商談のため営業車で外出する際に、財布を持たずに外出してしまい、商談後に有料パーキングから出られなくなってしまったことがありました。
結局得意先にお金を借りて何とかその場を乗り切ることができましたが、得意先に大変迷惑をかけてしまうことになってしまいました。(その日のうちにもう一度訪問しお金は返しました。)
今ではその得意先との面白エピソードとして冗談として語り合うことができますが、自身の確認、準備不足により、得意先に迷惑をかけてしまったことを非常に反省しています。
何事にも事前の準備と確認が必要であると、改めて思い知らされて出来事でした。一つの失敗が自分以外の誰かに迷惑をかけてしまうという事を常に心がけています。

TOP
TOP